*

臭い男はモテない!?ニオイと恋愛の2つの気になる関係とは?

公開日: : 最終更新日:2016/11/07 加齢臭の知っ得情報 , , , ,

YUKA863_ok15185909

自分のニオイにお悩みの男性方、こんにちは!スメラボ副委員長のメルシーです!まずはこのグラフを見てください。
te_love01 (出典:http://www.ccc.co.jp/news/2014/20140926_004600.html)

「いや~壁ドンって意外と人気ないんだな。やっぱりイケメン専用なのかな?」なんてことを考えている暇はないんです。グラフの一番下を見てください。「近くに寄ったときにいいにおいがした」という文字が見えますでしょうか!?そうなんです。良いニオイがするだけで女性は男性に対してドキッとしてしまうのです。

恋愛とニオイは切っては切り離せないもの。「人間はニオイで恋をする」っていう言葉もあるくらいで、多くの女性は見た目や性格よりも「彼のニオイがなんか好き」という理由でパートナーを選んでいます。逆に全てが完璧な条件であったとしてもニオイが気に入らなければ長続きしないとも言われています。本能的に自分にとって良いパートナーであるかどうかを女性は文字通り嗅ぎ取っているわけですね。

しかも注目すべきはもう二点あります。ひとつはグラフでは20代の女性と30代の女性についての統計ですが、20代の女性のほうがニオイに敏感ということがお分かり頂けますでしょうか?つまり良いニオイを漂わせるだけで若い女性にアプローチができるこということ。そしてもうひとつ!女性に対して自発的に行動する必要がないということです。上のほうは「頭ポンポン」とか「後ろからハグ」とか明らかに上級者向けのテクニックが並んでいます。それに対してにおいはどうでしょうか?自分で気をつけるだけです。相手に嫌がられる要素は一切ありません。

つまりこういうことです。素敵な体臭を漂わせるということは、労力も少なくそれでいて高い恋愛効果が得られるということです。というわけで今日のテーマは「恋愛とニオイの関係」について見ていきましょう。

女性が好きな男性のニオイってどんなニオイ??

女性が好きなニオイはどういうニオイなのでしょうか?なんとなくベルサーチの香水とかシャネルのコロンとかそういうものを連想してしまいそうですね。結論から申し上げます。ズバリ、「人それぞれなので決まったものは存在しない」です。悲しいかなこれが全てなのです。。

女性は子孫を残すという使命が男性よりも遺伝子的に深く刻まれています。元気な子供を産みたい、もっと言うと優秀な子種を残してくれるパートナーを無意識的に探しています。(そんなことをおおっぴらに言う女性はいませんが無意識下でそう望んでいます。)そして相手が自分にとって優秀かどうかを男性のニオイから感じ取っています。

では優秀な男性のニオイとはどんなものなのか?これは自分のニオイと出来るだけ違うニオイを指します。その方が遺伝的な関係性が遠いと判断して、結果恋愛に発展しやすくなるのです。もちろん男性も女性に対してこのような印象を持っています。

これが人それぞれ異なると述べた理由です。

遺伝的に関係が近いほど、病弱な子供が生まれやすくなるのは有名な話ですよね。(昔のイギリス王族とかはより王家の血を濃くしたいと思うあまり、現代の常識とは全く逆の婚礼制度を設けていたという悲しい話も。)それを避けるためのプログラムが自然と働いて自分にとってより良い男性を女性はニオイという情報から感じ取っているという訳です。

不潔感を感じさせるニオイは殆どの場合NG!

では、どんな匂いでもいいのか?と問われると答えは完全にNOです。そもそもにして女性は臭い匂いに敏感です。汗のニオイや口臭、衣類についたニオイがあまりにもキツイものに関しては、もはや遺伝子とか関係なく拒否反応を起こします。そんなニオイを放っている男性には触られたく無いですし、近づきたくもないです。

あくまでも身体から自然と出てくる、人間なら誰しも持っているその人自身の匂いがどうかということです。やはりきちんとスメルエチケットが出来ていないと戦いの土俵にすら上がれないので、男性諸君はきっちりとこの事実を認識しておおかなかなければいけません。

不潔感というのは見た目もそうです。よれよれのスーツを着ていたり、ぼさぼさの髪型をしていたり、爪が伸びすぎていたり、そんなことにはなっていませんか?男性から見ても身だしなみがだらしない女性は、あんまり魅力を感じないですよね?性的な魅力を感じたとしても、結婚したいとは思わないですよね?女性も同じような目で男性のことを見ています。当然より男性よりも厳しい目で見ています。

見た目も体臭も壁ドンや頭ポンポンをすることに比べたら超簡単ですよね?出来ることから一歩ずつモテロードを駆け上がっていきましょう。

中年男性の加齢臭は女性にとってアリ?無し??

「私、お父さんの使っている枕の臭いニオイが好きなんです♡」と嬉しそうにテレビで話しているアイドルを一度は見たことがあるはずです。それを見て、「やった!俺にもチャンスがあるぜ!!」と思ったあなた、考えが浅いです。おしょうゆ用の小皿よりも底が浅いです。

これは父親のニオイを感じることで心理的な安心感を感じ取っており、確かにそのような趣向を持っている女性も少なくありません。ただこれはあくまで少数の「オヤジ臭フェチ」の話であり、一般の女性にとっては不快なニオイに他なりません。というかこの場合はビジネスですね。オジ様層の支持を取り込もうとするアイドル事務所側の悪意を感じます。

こちらも遺伝子的に明確な理由がありまして、、、加齢臭から自分の父親のニオイを想起させることによって、いわゆる近親相姦を防ぐためのプログラムが無意識下で働き、女性にとって嫌なニオイを捉えられてしまうんですね。(年頃の娘がある日を境に、父親と洗濯を別にして欲しいと言い出すアレです)やはり中年男性が女性に好かれようと思うと、加齢臭・オヤジ臭は決して軽視できない問題ということになります。

しかし!!今は空前のオジ様ブームです。世の中の不景気と、草食系男子の隆盛によって、お金もあり包容力もある自分よりも一回り年上のオジ様に急激に需要が集まっております。私の個人的な統計では自分よりもプラス15歳くらいまでなら恋愛OKという女性が殆どです。是非、世の中年男性の方々は加齢臭のエチケットをしっかりしつつ、自分にぴったりの相性を持つ女性をゲットしてくださいね!


というわけで、今日は恋愛とニオイの関係についてのお話でした!それではまたね♪

関連記事

加齢臭に香水・コロンは役に立つの?メリットと注意点とは?

今回のトピックは「香水やコロンは加齢臭に有効なのか?」です。これはいろんな説がありますのでどうし

記事を読む

加齢臭を予防するために絶対に守るべき6つのルール その2

加齢臭を予防するために絶対に守るべき6つのルール その1 4、飲酒はほどほどにしないとそのまま

記事を読む

男脂臭と加齢臭が気になり出したので洗剤を変えてみた

においフェチな私と夫の出会いについて 私(女)26歳専業主婦です。夫は漁業関係に勤める同い年の

記事を読む

男性の加齢臭を消す新しい方法「保湿習慣」について

加齢臭の主な原因は体から分泌される「皮脂」であることは当サイトで何度も紹介してきました。そして皮

記事を読む

加齢臭が治らない人と治る人の違いは?悩む前にこれを読め!

加齢臭対策委員会のメルシーです!今日も加齢臭にお悩みの皆様に良い情報をお伝えしていきますね!

記事を読む

自分の悪臭には気づかないのはなぜなのか?セルフチェックの方法を知ろう!

自分では清潔にしていて、加齢臭なんかも他人事だと思っていたある日。家族に「あんたちゃんと身体

記事を読む

冬の加齢臭に気をつけろ!夏よりもキケンな理由とは!?

寒い日が続きますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか?私はみかんが大好きなのでたっぷり食べながらお

記事を読む

加齢臭は殺菌して治す?悪臭の原因を徹底解説します!

スメラボでは加齢臭に悩む人たちを救うべく、様々な解決方法を提案しています!今回は加齢臭と雑菌の関

記事を読む

加齢臭を傷つけずに指摘する方法をまとめました!【ご主人、職場の上司編】

こんにちはスメラボの副委員長メルシーです♪いつもスメラボの記事をお読みいただきありがとうござ

記事を読む

加齢臭はどこから匂う?臭いの発生源と部分別の対処法をご紹介

加齢臭でお悩みのみなさま!加齢臭対策委員会のメルシーです!どうぞ宜しくお願い致します。 さ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  •   ハカセ  

    AI_IMG_7672
    加齢臭対策委員会の会長。加齢臭に悩んでいる人を一人でも多く救うべく この委員会を立ち上げた。この道30年の超ベテラン。優しくおおらかな性格でメンバーからの信頼も厚い。

      メルシー  

    AI_IMG_7672
    加齢臭対策委員会の助手。豊富な知識から的確なアドバイスをする紅一点。明るくて皆のムードメーカー。女性に優しく、男性にはちょっと厳しい一面も。

      シゲオ  

    AI_IMG_7672
    加齢臭対策委員会の新人メンバー。自身も加齢臭に悩んでおり、なんとかすべく委員会に入った。ぶっきらぼうだが根は良い人。老けて見られるが31歳

  • ブログランキングに参加していますので、当サイトがお役に立ったと感じた方は下の画像をクリック頂けますと幸いです。日本ブログ村というサイトにジャンプするだけです。 ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村
PAGE TOP ↑